Creators' Talk

vol.1kamikenevol.2Yasushi Kajikawavol.3Oak-to-all-relationsvol.4Toshinori Kondono.5groovisionsno.5Kuniyuki Takahashino.7Daisuke Oguchino.8Yoichi Yasuda

THE NORTH FACEを知るクリエイター達へのインタビュー

Yasushi Kajikawa

www.synergetics.jp

梶川泰司
1951年生まれ。高校中退後、バックミンスター・フラーの『シナジェティクス』に触れる。1981年、幾何学論文をまとめ渡米。フラーは初見でその論文とモデルを採用。バックミンスター・フラー研究所でシナジェティクスの共同研究に従事。その成果はフラーの遺作となった『コズモグラフィ』(バックミンスター・フラー著/梶川泰司訳/白揚社 2007)に収録された。1986年からバックミンスター・フラー研究所主催のカリフォルニアでのシナジェティク・ワークショップ講師を担当し、1990年、ハーバード大学視覚環境学部のデザインサイエンス・コースの客員講師を務める。フラーが他者に対して初めて認めたデザイン・サイエンティスト。1988年シナジェティクス研究所を設立し、新たなシナジェティクス理論や次世代の移動可能な折り畳めるテンセグリティ構造システムなどを開発してきた。






interview

最軽量のテンセグリティ・シェルターの開発者である、デザインサイエンティストの梶川泰司氏へのインタビュー。後半となる今回は、THE NORTH FACE創設40周年記念の展覧会へ参加するに至った経緯や感想、さらに、展覧会タイトルである『Do More With Less』という言葉の真意についても伺った。 一読では理解しづらい部分があるかもしれないが、世間で「エコ」と声高に叫ばれている現代だからこそ、多くに気づかされ、また、考えさせられる興味深い内容。じっくりと読んでみてほしい。


THE NORTH FACE(以下TNF)の設立40周年で展示された直径6.5mの球状のテンセグリティ・シェルターは梶川さんによるデザインですが、その“テンセグリティ”について説明いただけますか?


物質とエネルギーが互いに作用し、より秩序の高い状態になる現象は常に振動を伴います。例えば、原子は絶対零度においても静止することなく振動しています(ヘリウムは絶対零度近傍でも振動する)。結晶質では格子振動となります。こうした零点振動や格子振動はテンセグリティ構造が原因です。圧縮材が互いに非接触な状態でも、張力や原子間引力によって構造は安定します。ただし、無振動の静止的な固体的建築(=不動産)と違って、安定するために静止しているわけではないのです。 最近(2008年1月)私は、最も軽量で柔軟な強度のあるテンセグリティ・シェルターの開発に成功しました。バックミンスター・フラー以後のデザインサイエンスの歴史の中では、最も単純で実用的な初のテンセグリティ構造です。実用的なテンセグリティとは、人類の住居(シェルター)です。(※掲載作品『テンセグリティ・シェルター』参照)このプロトタイプの圧縮材を最新のハイテク素材(炭素繊維とエポキシ樹脂を組み合わせて作った複合材料の炭素繊維強化プラスチック材)に置き換えれば、性能が飛躍することはわかっていたので、2008年5月に設立40周年の企画についてTNFの方から相談を受けた際に、当時シナジェティクス研究所内の裏庭に建造した、極地用のテンセグリティ・シェルターの第1号機のプロトタイプをお見せしたのがきっかけです。


TNF設立40周年を記念した展覧会『Do More With Less』に参加した感想を教えてください。


単位体積あたりの素材重量が、世界で最軽量となる新しいテンセグリティ・シェルターをデザインする以上、バックミンスター・フラーの「Do More With Less」が極地用の超軽量構造理論として採用されるに至った経緯を、視覚的に理解できる展示方法に興味がありました。スパイラルの会場の直径10mの円筒形の空間に、最適な大きさだけではなくテンセグリティの実用的な可能性を展示できたと思います。 (※このとても高価なハイテク素材は、東レ株式会社の協力によってシナジェティクス研究所の研究開発プロジェクトに提供された。この支援なくして、この期間にバックミンスター・フラーのテンセグリティ理論とは異なる新たな原理と理論に基づいた実験は実施できなかった)


その展覧会タイトルともなった「Do More With Less」を、自身の解釈で日本語に訳していただけますか?


「Do More With Less」を事実に基づいた具体例に変換してみましょう。 我々の住居の平均的な壁の厚みは30cm程度です。部屋の幅が6m程度とすると、その厚みは幅の20分の1となります。人間の頭蓋骨の平均の厚さは6mm程度なので、直径との比率は40分の1以下です。ところが、鳥の卵の殻の厚みと卵の直径の比率は80分の1以下になっています。彼らは産卵する直前まで飛行しなければならないからです。 適切にデザインされたジオデシック・テンセグリティドームのその比率は200分の1以下となります。我々が惑星地球上で生存するには、移動しなければならないからです。実際、我々の細胞膜のこの比率がさらに小さくなるのは、細胞自体がテンセグリティ構造だからです。身体を構成する60兆もの細胞を周期的にすべて入れ換えるために、自然はテンセグリティ構造を再生システムとして採用したのです。人類のこれまでの固体的住居を構成する殻や壁は、圧縮材ではなく張力材として機能すべきです。 そして、テンセグリティ構造は、周囲の環境と共存した状態を形成するために常に振動するシステムです。自然が振動というDo More with Lessを採用するのならば、振動は構造を常に軽量化すると考えられます。Do More with Lessは、張力材を構造に包含させるための、構造デザイン上で最も効果的な方法論になるでしょう。


自身が捉えるTNFの理念や哲学を教えてください。


エコロジーの問題は、消費社会が全面的に理解した「地球に優しい」的な節約方法では解決しないでしょう。単にエネルギーと資源と時間を節約する我慢のエコロジーは終わりました。軽量化しても強度や剛性、燃費を犠牲にすることなく安全性を向上させるために、いかにリダンダンシーを排除できるか。このデザイン思想は、30年前のバックミンスター・フラーの極地用テンセグリティ・シェルターに具現化されていたのです。彼が発見した原理を社会が理解するには、とても長い懐胎期間が必要です。Do More with Lessとは、20世紀の産業社会を生き延びた希有な詩人バックミンスター・フラーの方法論でした。人々は今それを再びエコロジーと呼びはじめています。


フラー氏とTNFの出会いは、世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」を生みだしました。梶川さんがTNFと取り組みたい、また、挑戦したいプロジェクトがあれば教えてください。


バックミンスター・フラーによって1949年に発見されたテンセグリティ原理は、皮膜構造の革命として 1978年までに「オーバル・インテンション」と「2mドーム」に応用され、バックミンスター・フラーのデザインサイエンスの歴史の中で、最も量産され成功したプロダクトの1つとなりました。軽量のドーム型シェルターはこれまで、戦地や極地以外では効果的ではなかったのですが、宇宙が要求する最も単純で高度なシェルターの再生デザイン(=このシェルターの構造システムは圧縮材も張力材も宇宙で<4番目>に豊富な元素である炭素から形成されている。炭素は太陽や恒星、彗星のなかにも豊富に存在し、われわれの人体の乾燥重量の60%は炭素である)こそが、21世紀の最大のDo More with Lessです。なぜなら家を買わなければならないのは、この惑星では人間だけだからです。 シェルターに限らず、惑星地球の元素の分布と存在比にしたがって物質をデザインすること以上に、人間が考えるエコロジー・デザインは宇宙と調和しないだろうと思います。実際に、元素の分布には偏りがあり、その存在比は場所によって大きく異なっているので、固有の存在比を無視すると現在のような大気圏内の気体の厳密な存在比を容易に変化させてしまうのです。人間を超えたデザインしか、人類は宇宙に適応できないのかもしれない。 形態や機能のデザインだけではなく、新たな包括的な思考から、モバイル用のテクノロジーを駆使できるTNFのような先進的なエコロジーの伝統をもったアウトドア・メーカーは、今世紀最大の産業構造再編成期にこそ、個人用(=在宅勤務用)のテンセグリティ・シェルターの量産に挑戦できると思います。


page top